黒い砂漠モバイル速報

「黒い砂漠モバイル」(Black Desert Mobile)のまとめサイトです。
黒い砂漠モバイル速報 TOP  >  韓国情報(アップデート) >  【黒い砂漠モバイル】攻城戦ルールまとめ【韓国情報】

【黒い砂漠モバイル】攻城戦ルールまとめ【韓国情報】


韓国版「黒い砂漠モバイル」に攻城戦リハーサル(テスト版)が実装されました。
ルールは暫定的なものですのでご注意下さい。
※リハーサル版のためルールが変わる可能性あり
20180618gvg01.png
20180618gvg02.png

マップ
20180618gvg11.png


入札と攻城戦参加ギルドの決定方法
・参加資格
ギルドレベル5以上のギルドのみ参加可能(入札可能)

・城の数
リハーサル版では3つ城が実装
いずれか1つの城を選びギルド資金で入札を行う

・入札
入札金額の上位10ギルドからランダムで3ギルドが参加
※リハーサル版のため変わる可能性あり

・攻撃側と防衛側
最初の攻城戦では入札に成功した3ギルドの中から1ギルドがランダムに防衛側に選ばれ、残り2ギルドが攻撃側になる

攻城戦準備時間:土曜日12~22時
・補強
攻城戦準備期間は攻守両勢力が「バリケード」などを補強可能
防衛側は城門の強化もできる

・攻城兵器
攻撃側は「象」「大砲」が使用可能
防衛側は「象」「大砲」「神機箭」(大量の矢を発射する装置)が使用可能
同時に召喚可能な攻城兵器は象1匹、大砲3つまで

・メンバーの配置
「本城」50人配置可能
「東」5人配置可能(「神機箭」でのサポートが可能)
「西」5人配置可能(「大砲」でのサポートが可能)
「南」5人配置可能(占領時に攻撃力・防御力バフが適用)

攻城戦本番:土曜日22~24時
・勝利条件
攻撃側の勝利条件:防衛側の拠点を破壊すると勝利
防衛側の勝利条件:攻撃側の拠点を破壊 or 24時まで守り抜けば勝利

・タワーの存在
「東」「西」「南」にはタワーが1つずつ存在し、タワーを刻印したギルドに各地域ごとの恩恵が与えられる
東:刻印すると一定時間ごとに神機箭の援護射撃が入る
西:刻印すると一定時間ごとに大砲の援護射撃が入る
南:刻印している間、防御力バフが適用される

・橋または石垣の破壊
防衛ギルドはギルド資金を消費するとことで攻撃側の進路の1つ(橋のルートか石垣のルート)どちらかを破壊し、通れなくさせます。
ただし同時に破壊は不可能
攻撃側は橋or石垣のルートを破壊されると攻城兵器の使用が制限されます
ただし防衛側は橋または石垣の破壊の効果時間は5分なので適切なタイミングで使用することが求められます
20180618gvg03.jpg
200180618gvg04.jpg

・キャラクターの復活
攻城戦の進行具合で復活地点が異なります
防衛側には「拠点/①内側城門/①外側城門/②内側城門/②外側城門」の5つの復活地点が存在します。
攻撃側に①②いずれかの外側城門を破壊されると該当する「外側城門」での復活ができなくなり、残された城門と拠点でのみ復活できるようになります。
攻撃側に①②いずれかの内側城門が破壊されると該当する「内側城門」での復活ができなくなり、残された城門と拠点でのみ復活できるようになります。
第一攻撃側には最初「拠点」のみ復活地点として利用できますが、①外側城門/①内側城門を破壊することで「①内側城門」「①外側城門」を復活地点として利用できるようになります。
第二攻撃側には最初「拠点」のみ復活地点として利用できますが、②外側城門/②内側城門を破壊することで「②内側城門」「②外側城門」を復活地点として利用できるようになります。
20180618gvg11.png


まとめ
攻城戦はギルド資金を使って入札で決定(1つの城で防衛1、攻撃2)
攻め・守り共に攻城兵器の使用が可能
攻撃側は第一攻撃側と第二攻撃側の2つが存在する
敵の拠点を破壊すれば勝ち(防衛側は攻撃側の拠点を破壊、もしくは24時の時間切れまで防衛できれば勝利)

あくまでもリハーサル(テスト版)の情報であり正式版では異なる可能性があります。

  • コメントの投稿